お客様の声


有限会社ユーコーポレーション 梅澤 馨様、梅澤 通宣様

voice01

財産バンクさんとの出会いのきっかけを教えて下さい。

voicehunt0101<梅澤社長>
平成7年に神奈川県から補助金を頂いて特優賃マンションを
建てる事になりました。

建設会社は京王建設様だったのですが、 補助金を使ったマンション建設のノウハウが無いということで、 説明に別の会社の役員さんが同行してきました。それが、当時の佐々木さんだったんです。その時に建てたのがグランシャリオというマンションになります。

それから13年になりますか、ずっとお付き合いが続いているんです。
ちなみに初めて佐々木さんにお会いした時から、
『信頼できそうだなぁ』という印象はありました。

voicehunt0102<梅澤常務>
私は、佐々木さんとお会いしたのが、高校生か大学生の時でした。
先程の話にありましたグランシャリオの建設の時だったのですが、
当時は学生でしたし、今のような不動産の仕事をするようになってから、佐々木さんと良くお話させて頂くようになりました。
3~4年前ですから、24~25歳位の頃からでしょうか?

なぜ財産バンクに依頼をされたのですか?

voicehunt0103<梅澤社長>

そうですね・・・グランシャリオの建設だけではなく、先々の計画をある程度見込んでいたので、それで長いお付き合いを出来ると思い、お願いしたわけです。

例えば、その後に建設したトゥトゥガーデンの時も、色々なメーカーが企画書を依頼もしていないのに持って来ましたよ。
大手のハウスメーカーやゼネコンも来ました。
中には、こちらに営業をしてくる時に、勝手に図面を引いてきたり、事業計画を作ってきたり・・。

やる気をアピールしているのかもしれませんが、こちらの希望も聞かずに、一方的にそういうものを出されても困ってしまいますよね。
「これだけお金を出してくれれば、毎年こんなに儲かって、何年で返せます」といった事業計画まで持ってくるんですから断るのも大変です。そんなものは数字ですから、どうにでも計画書として作成できるわけですしね。

そういった面で、財産バンクの佐々木さんは、私たちの希望や要望を丁寧に聞いてくれて、それを実現する為のアイデアを色々と出してくれましたし、何より、単発でマンションを1棟づつ建てるというのではなく、私たちの所有している土地全体の有効活用や、地域や街並みの事まで含めて、広い視野で全体的な計画を立てて頂いたので、
『他の会社とは全然違うなぁ・・』と思い、お願いをさせて頂いたわけです。

voicehunt0104<財産バンク佐々木>

今の梅澤社長のお考えが真髄だと思います。

普通、物件を建てるとなると、建設会社もオーナー様も単発単発で考えていくケースがほとんどです。
「Aという土地を活用するにはマンションを作る。Bという土地を活用するには駐車場にする」などです。

それぞれの土地の活用を考えるあまり、隣同士のマンションの雰囲気やグレードがあまりに違ったり、全体的な街並みがおかしくなったりして、それぞれは良いと思って作っているのに、お互いの良さを殺してしまっている。という事が多々あります。

地主さんの事業というのは、何代も前から続いていて何代も後まで続けていくものです。その流れの中で考えてやっていく必要がありますし、だからこそ、長期的な視野を持って、所有する土地と不動産の全体を考えて企画を練っていけば、街並みも綺麗に揃っていくのだと思います。
それが結果として個々の資産価値を高めるのではないでしょうか

財産バンクに依頼をされていかがでしたか?

voicehunt0105

<梅澤社長>
社長をはじめ社員の皆さんが一生懸命サポートしてくれています。
財産バンクさんのホームページに専門家集団という内容が載っていますよね? 実は、平成15年に父が亡くなりまして、その時の相続で、財産バンクネットワークの、先生方が中心に、皆さんが「頼まれた事をする」という普通の仕事以上に、「梅澤家のために」という気持ちとアイデアを込めて、短い相続税の申告期限内に素晴らしい仕事をしてくれたんですね。

そのお陰で、今も事業を続けられていると言っても良いのかと思います。相続が上手くまとまらないと、将来開発しようと思っている土地を手放さざるおえなくなったりする訳ですから・・・。

それで、今もその時にお世話になった先生方と年に1回は、集まって食事をしたり、地元のイタリアンレストラン「アベーテ」で絵画を楽しむ会を催したりしています。
トゥトゥジャルダンはるひ野を建てる時も、また、建てた後の運営面でも、財産バンクネットワークの信頼できるプロ集団がバックアップしてくれていますので、安心して事業を行なう事が出来ています。

これがもし、それぞれの専門家を、自分で見つけて1人1人と打合せをするとなると・・。
そういった運営面も含めて、長い目で見てお付き合いできるのが
財産バンクさんですね。

財産バンクさんとお付き合いのある方々と、年に3回ほど「大名・奥方旅行」と称して、国内旅行を楽しんでいます。
去年11月は、下関でふぐを、出雲で松葉ガニを堪能しました。
今年の5月は、奥飛騨温泉に泊まった後、みんなで上高地を散策する事が出来ました。

<梅澤常務>
私からは『息子どもの会』についてお話させて頂いても
良いでしょうか?

佐々木さんのお付き合いのある地主さんの2代目の方が集まって勉強をしたりする『息子どもの会』というのがあります。
皆で集まって、意見交換をしたり、お酒飲んだりというのを、年に
2~3回やってるんですね。

同じ立場の、地主の息子という事で話が合うんですけど、なかなか地元にそういう人っていなかったり、いたとしても近すぎるとお互い話せない事って多いですよね?
ですから、住んでいる場所が違う地主の息子同士で話が出来るというのは貴重な経験ですし、非常に参考になる意見や考え方とかが聞け、色々と人生相談も出来たりします。

しかも、皆さん職業が違ったりしますので、色々な情報を知ることも出来て、とても楽しく為になっています。

財産バンクさんとの関係を一言でいうとどういった関係にありますか

voicehunt0101

『信頼』その一言に尽きるんじゃないですかね。

<財産バンク佐々木>
うちの娘の誕生日にはプレゼントをもらったり、お年玉をもらったりという家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いています。

その他にも、梅澤さんが、畑をやっているので、ジャガイモをもらったりブルーベリーをもらったり・・・
いつももらってばかりですね。すみません!

<梅澤社長>
そうそう、佐々木さんは来春完成予定の『トゥトゥヴェリィはるひ野』に引っ越してくる予定ですよね?
もうすぐ、ご近所付き合いもスタートしますね!

voicehunt0107<財産バンク佐々木>

今回の『トゥトゥヴェリィはるひ野』を建てるにあたって、梅澤社長は長男でもある梅澤常務に、色々と事業の事を説明して、常務の意見を聞いているわけですよ、そういう家ってなかなか無いと思うんです。

親父が威張っていて「息子になんか一言も言わせねぇ!」みたいな。
そういう所が無く、息子さんを跡取として、一人前の人間と認め、
厳しくも暖かい指導をするとともに、長男の意見も尊重して・・。
そういう所が素晴らしいと思っています。

<梅澤社長>
実は、うちの亡くなった親父はもう頑固でね。子供の言う事なんか一切聞かなかったんです。そういう環境で育っているので結構自分も反抗したことがあるんです。
親父と話すと、すぐ喧嘩になっちゃうんですよ。
最後は「もう勝手にしろって!」って。

だからあんまり自分の意見を主張し過ぎないで、他の人の意見も聞いてやった方がいいのかなぁ・・・と思っています。

voicehunt0106<財産バンク佐々木>
梅澤社長は、今回『トゥトゥヴェリィはるひ野』の計画や設計の話も、まずは梅澤常務に聞いて来るように指示を出していますし、金融の件も同席をさせていますよね?
地主さんにとっての不動産事業は、設計して建てれば良いってものじゃないですから、物件を建てるということは、家の中の事とか色々なものが絡んでくる訳です。

将来20年~30年と続く事業ですから、テレビとか車を買うのと訳が違う。5年持てば良いという事ではなく20年以上の間、入居者様に喜んで頂ける物件を作り、維持管理していく事業だから、息子さんも同席して、お父さんの立場で息子さんにちゃんと伝える必要があると思います。

それを、しっかりとなさっている梅澤社長は素晴らしい父であり、
経営者であると思います。

<梅澤常務>
そうそう、『トゥトゥヴェリィはるひ野』は、まだ設計が終わり、
起工式が済んだばかりですが、既に16邸宅のうち4邸宅の入居者様が決まりました! 工事に取り掛かる前にも関わらず、家賃25万円の高額物件に入居を決めて頂いたというのは、非常に嬉しい限りです。

想いを込めて、一貫してやってきた事が評価されるというのは、嬉しいものですね!


PC表示SP表示

お問い合わせ